2020年9月14日月曜日

 TourismBike CARACLE カラクルコージー納品

 今月カラクルコージー納品させていただきました。
20インチ(451)リムブレーキのカーボンフレーム
折り畳みのできる軽量自転車カラクルコージーです。
コンポはシマノ105のライトモデル
重量6.9kg(ペダル無し)で持ってみたらかなり軽いです。
走りももちろん軽かったです。(タイヤは細目です。)


ロードバイクに乗ったことのある方にお勧めの小径車でしょうか?

以下メーカーHPからの引用になります。
折り畳みの状態。

CARACLEシリーズ取り扱い開始しました。
(当店ではお取り寄せになります。)

他モデルには、航空無料輸送サイズのスーツケースに収納可能な
更に持ち運びに便利なものもあります。


CARACLE

■世界最小最短!! ※実用自転車(14インチ以上)
■14インチ車より小さい20インチ車!
■車輪幅からはみ出さない究極の極小サイズ
■市販スーツケースに収納可能
■追加料金無しで、海外旅行へ
■コインロッカーに収納できる、唯一の20インチ自転車
■世界最小でも、走行性能を犠牲にしない!

詳しくはメーカーサイトをご覧ください。
(以下↓URLリンクです。)
www.caracle.co.jp

9月フレーム製作中ピストNJS

 9月の製作中フレームです。




2020年8月22日土曜日

8月フレーム製作中ピストNJS1

8月の製作中フレームです。
溶接が終わりフレームの形が出来上がったら
定盤に横向きセットして芯だし。
(中心からの位置があっているか計測)
次に縦向きにセットして寸法等の計測をしています。
必要があれば修正していきます。

 

2020年7月31日金曜日

7月フレーム製作中ピストNJS2

7月の前回の投稿が前三角とバックの加工中で
順番が逆かもしれませんが、、
今回フレームの前三角部分の製作途中です。
(写真の順番を修正と追記しました。8/1)
BBラグ以外の溶接が出来ています。
ヘッド部分は・・・
リーマーを通してからBBのロウ付け。
寸法を測ってからBBラグのロウ付けをして
前三角部分の完成、
前三角で仕上げをして(下の写真)
そのあとバック部分の加工の順番で作業していきます。


2020年7月22日水曜日

7月フレーム製作中ピストNJS

NJSのピストフレーム製作中
フレームの前三角とバックの溶接前
溶接後の測定と修正等・・・
ヘッド部分のセンター
リヤエンド部分のセンター
ヘッドとシートとリヤエンド部分の位置関係・・・

2020年6月26日金曜日

フロントフォーク交換 カーボン→スチール

 フロントフォークをご注文いただき組み換えました。
今までの純正カーボン製から
スチールのフォークに交換です。
カーボンの1インチコラムのフォークは剛性が足りないようです。
フレームとのバランスを計りながら・・・
使用するフォークの寸法や仕様を決めていきます。
 
 製作途中の生地のフォークです。
1インチのスチールコラム
MAXタイプの肩(フォーククラウン)とブレード。
重量はソコソコありますが
走りの安定感はかなり改善されたようです。
どちらが優れている?よりも、
フレームフォークのバランスと
剛性なのか乗り心地なのかなど
目的に応じて交換して組みあわせてみると
走りがガラリと変わることもあり面白いです。

2020年5月12日火曜日

スモールサイズのロードフレーム430㎜

 
セミオーダーのロードバイクフレーム
ラグ付きの細身パイプで700cホイール仕様、
小さいサイズを430mmと450mmを追加しています。
 
以前完成車で納めさせていただいた時の430mmのフレーム写真です。
身長150cm前後の方でも乗れるサイズ設定です。
股下寸法で大体67cmぐらいでしょうか。
 
下はフレームのみの写真。
こちらはお店のご依頼でフレームのみで卸させていただきました。
フレームサイズはシートラグの頂上部分(尖った先端)で表しています。
股下寸法や腕の長さや柔軟性などによって
選べるサイズも変わってきますのでご興味ありましたらご相談ください。
 
フルオーダーでしたら更にスモールサイズや
小径ホイール等対応方法もいろいろご提案出来ます。
メーカー車で探してもご希望のサイズの無い方などもご相談ください。


2020年5月9日土曜日

スチールDISCロードフレーム・スルーアクスル カーボンフォークとスチールフォーク

DISCロードフレーム・スルーアクスル仕様のフレーム
2台を紹介いたします。
 
カーボンフォーク 1-1/2テーパードか1-1/4選べます。
ラグレス 44ヘッドかテーパードヘッド ベンドシートステー&チェーンステー
タイヤ700x35Cまでの太さが入り、
シクロ、グラベル寄りのロードフレームです。
(写真は試作中のもので実際とは若干仕様が異なります。
 
 
こちらはフォークも1インチのオールスチール ラグ付き
でもDISCでスルーアクスルです。
タイヤは700x32cまで取り付け可能。
ブレーキホースは内蔵式。(フロント・リヤ共)
32cタイヤのホイール入れてみるとこんな感じです。
こちらもシクロのタイヤでも太さによっては入ります。
 
組み立てして試乗してみました。
乗り手によって評価はかなり変わってくるかと思いますが・・・
(試乗した人は身長170センチ、体重63キロぐらいです。)
フレームも硬すぎずロングライドに向いています。
ブレーキ制動も充分でコントロールもし易いです。(前後140mmローター)
使い方や乗り手の体型等に合わせてフレームのスペックや
フォークの組み合わせを変えられますので
ご興味ありましたらお問い合わせください。
 



2020年5月5日火曜日

3年前(2017年)に納車しました市内在住のM様の自転車です。
 
◎追記5月7日・二重カッコ内
《写真のフレームサイズはセミオーダーの490mmベースに設計しています。
パイプはカイセイ019メインのTRオリジナルブレンド、
お客様の身長は165センチ、体重61キロぐらい、股下70センチぐらいです。
普段は休日に100キロぐらいの走行が多いようです。 
以前は大手M社のスチール(クロモリ・ラグ式)フレームに載っていましたが
今回オーダー頂いたフレームの方が軽くよく走るのに疲れない・・・
とのご感想をいただきました。》
※オーダーご検討中のお客様の参考になるかと思い追記いたしました。
 
 細身のクロモリパイプでラグ仕様のフレーム。
フレームサイズは490mmです、
上パイプ25.4mm、立・下パイプは28.6mm
細身のクロモリパイプです。
ロングライドでも疲れの少ないようにパイプを選択しました。
納車時の完成車の写真。
 
最初はスチールフォークでしたがカーボンフォークに交換。
ヘッドパーツもスレッドからアヘッドに・・・
よく見るとバーテープの色だけでなくパーツもいろいろ変わってきてます。
2020年の写真。
写真こちらのインスタグラムにも載せてあります。
https://instagram.com/tsuruoka_racing/

ヘッドパーツも!
 
 
パーツも気になりますが・・・
下地メッキが透けて見えている半透明な塗装がもっと気になってきたりします。
 かなり分かりにくいですがシートピラーもカーボンに・・
 色は好みで人それぞれですが、
塗装がシンプルなのが飽きがこないのかもしれません。
 次は何を変えるのか?楽しみですね。
 

2020年4月30日木曜日

4月製作中フレーム 続き

ピストフレームの製作中の続き
 
前三角部分のロウ付け終了後。
 
そのあと車輪の入るバック部分も加工して付けていきます。
 
フレームの生地の出来上がりです。

フレーム製作はここでひと段落、
このあと塗装して、ヘッドパーツやBB等を組付けてフレームの完成です。
 
当面の間は競輪開催も、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、
無観客での開催と場外発売の中止を決定しているところがほとんどです。
それでも全ての競輪が中止されている訳ではありませんので
開催されている競走の応援お願致します。
自宅から出掛けなくてもインターネットや電話投票でも車券はお買い求めいただけますし競走のライブ配信もありますので家にいる時間を楽し過ごせると思います。
開催されている競輪場におきましては選手並びに開催関係者の方々の健康と無事を祈っています。
 


2020年4月12日日曜日

4月製作中フレーム

 ピストフレームの製作中NJSピスト
前三角部分のロウ付け途中です。
BB部分のパイプ
 BBラグをこれから溶接(ロウ付け)していきます。
 

2020年3月19日木曜日

2月の製作中(3月になりましたが・・・)

先月(2月)の製作中を載せてませんでしたので写真を掲載します。
この他にもフレームは多数製作していますがBLOGの更新していなくて申し訳ありません。
 
1月のハンドメイドバイシクル展も無事に終了しているのですが、
その後のBLOG更新ができていなく失礼しています。
 
今後のイベント(ショーやレース等)開催等はどうなることやら?
コロナウイルスの影響で外出への不安等・・・いつまで続くのか?
先が読めない最近の状況ですが、
公共交通機関の利用より自転車利用で通勤や買い物、
サイクリングで運動もよいのではないでしょうか?
 
製作順番は前後していきますがまた製作のフレームや
その他の話題等も少しずつ紹介していきます。
 
テーパーヘッドのインテグラルタイプ。
 メインのチューブは丸形状です。
テーパーヘッドのパイプはCOLUMBUSです。
 フラットマウントのDISCとスルーアクスル。
パイプはKAISEIとCOLUMBUSのオリジナルブレンド。
バック部分はベンドタイプのチェーンステーとシートステーで
700x30Cのタイヤまで対応できます。
(一部メーカーのタイヤ等は30Cが入らない場合もあります。)
これにCOLUMBUSのFUTURA DISCカーボンフォークを組み合わせます。
DISCホースはトップチューブからチェーンステーまで内蔵。
コンポはSRAMの電動式の予定です。
外装ルート・ワイヤー式・Di2・カンパのEPSも出来ます。
その他パイプの形状や外形等も変更可能です。


オーダー対応できますので興味ある方はご相談ください。


2020年1月31日金曜日

オーダーロードバイク納車

昨年末ですが納車のロードバイク完成車の写真です。
 コンポはCAMPAGNOLOの現行部品。
 ラグメッキ出しでフレームの緑と併せてとてもよい感じです。