2020年11月30日月曜日

11月フレーム製作中ピストNJSその2


11月製作中のフレーム ピストNJSその2

どちらも競輪選手からのオーダーのフレームです。

1台はトップチューブが水平(ホリゾンタル)

もう一台は前上がり

競輪のフレームでは上パイプ1本分までのスローピング(前上がりと前下がりと両方)

まで製作してよいことになっています。

写真のフレームが大体25㎜ぐらい前上がりというところでしょうか。


2020年11月1日日曜日

CAT EYE オプションブラケット アウトフロントブラケット

 CAT EYE オプションブラケット 
アウトフロントブラケット2 OF-200
CAT EYEのサイクルコンピューター(無線式)とライトが付けられます。
冷間鍛造アルミの本体はしっかりとした造りです。


メーカーカタログにはアクションカメラの取り付けも可能と書いてあります。

自分の通勤用の自転車に取り付けていつも使っています。
スマートでハンドルポジションも中央に近い部分まで握ることができてとても良いです。
ライトはCAT EYEのVOLT400(HL-EL461)
写真はハンドルバーの右側につけていますが
裏返して左右どちらにも取り付け可能です。
横から見るとこんな感じです。

最近は更に追加で点滅ライトをつけています。
点滅はベルクロ式のLEDライト(これはCAT EYEではありません。)
通勤の帰りでは暗い道を走るのでライトは必需品です。
今回は紹介してませんが後方からの車へのアピールも大切です。
後ろに赤いセーフティライトもお忘れなく。

11月フレーム製作中ピストNJS

10月から11月の製作中フレームです。
定盤上で立向きに置いて計測中。

フロントセンター、ハンガー下がり、トップチューブの前上がり等もこの位置で計測します。


 

2020年10月17日土曜日

TourismBike CARACLE カラクル-S スポーツ納品しました。

 今月もカラクル納品させていただきました。

今回は同じ20インチでも20x1.25(406)リムブレーキのアルミフレーム
折り畳みのできる軽量自転車カラクル-S rev3 スポーツです。
こちらの車種は折り畳むとスーツケースににも収納できます。
(収納した画像は前回の投稿に載せてあります。)

フラットハンドルですが結構スポーティな走りです。
エンドバー(オプション)も赤でフレームの色と揃ってます。
リヤ部分エラストマーのサスペンション。
折り畳みのレバーにもロゴマークが入っていてお洒落です。

重量9.7kgで先月投稿したカーボンのカラクルコージーよりは重量はありますが手に持ってみても充分軽いですね。

オプションがいろいろ用意されています。

今回ご購入のお客様は輪行袋、マッドガードなどもご購入いただきました。

(ペダルは使用用途に合わせて選べるように別売りです。)

輪行サイクリングだけでなく、旅行に持って行ったり…行動範囲が広がりそうです。



2020年9月14日月曜日

 TourismBike CARACLE カラクルコージー納品

 今月カラクルコージー納品させていただきました。
20インチ(451)リムブレーキのカーボンフレーム
折り畳みのできる軽量自転車カラクルコージーです。
コンポはシマノ105のライトモデル
重量6.9kg(ペダル無し)で持ってみたらかなり軽いです。
走りももちろん軽かったです。(タイヤは細目です。)


ロードバイクに乗ったことのある方にお勧めの小径車でしょうか?

以下メーカーHPからの引用になります。
折り畳みの状態。

CARACLEシリーズ取り扱い開始しました。
(当店ではお取り寄せになります。)

他モデルには、航空無料輸送サイズのスーツケースに収納可能な
更に持ち運びに便利なものもあります。


CARACLE

■世界最小最短!! ※実用自転車(14インチ以上)
■14インチ車より小さい20インチ車!
■車輪幅からはみ出さない究極の極小サイズ
■市販スーツケースに収納可能
■追加料金無しで、海外旅行へ
■コインロッカーに収納できる、唯一の20インチ自転車
■世界最小でも、走行性能を犠牲にしない!

詳しくはメーカーサイトをご覧ください。
(以下↓URLリンクです。)
www.caracle.co.jp

9月フレーム製作中ピストNJS

 9月の製作中フレームです。




2020年8月22日土曜日

8月フレーム製作中ピストNJS1

8月の製作中フレームです。
溶接が終わりフレームの形が出来上がったら
定盤に横向きセットして芯だし。
(中心からの位置があっているか計測)
次に縦向きにセットして寸法等の計測をしています。
必要があれば修正していきます。

 

2020年7月31日金曜日

7月フレーム製作中ピストNJS2

7月の前回の投稿が前三角とバックの加工中で
順番が逆かもしれませんが、、
今回フレームの前三角部分の製作途中です。
(写真の順番を修正と追記しました。8/1)
BBラグ以外の溶接が出来ています。
ヘッド部分は・・・
リーマーを通してからBBのロウ付け。
寸法を測ってからBBラグのロウ付けをして
前三角部分の完成、
前三角で仕上げをして(下の写真)
そのあとバック部分の加工の順番で作業していきます。


2020年7月22日水曜日

7月フレーム製作中ピストNJS

NJSのピストフレーム製作中
フレームの前三角とバックの溶接前
溶接後の測定と修正等・・・
ヘッド部分のセンター
リヤエンド部分のセンター
ヘッドとシートとリヤエンド部分の位置関係・・・

2020年6月26日金曜日

フロントフォーク交換 カーボン→スチール

 フロントフォークをご注文いただき組み換えました。
今までの純正カーボン製から
スチールのフォークに交換です。
カーボンの1インチコラムのフォークは剛性が足りないようです。
フレームとのバランスを計りながら・・・
使用するフォークの寸法や仕様を決めていきます。
 
 製作途中の生地のフォークです。
1インチのスチールコラム
MAXタイプの肩(フォーククラウン)とブレード。
重量はソコソコありますが
走りの安定感はかなり改善されたようです。
どちらが優れている?よりも、
フレームフォークのバランスと
剛性なのか乗り心地なのかなど
目的に応じて交換して組みあわせてみると
走りがガラリと変わることもあり面白いです。

2020年5月12日火曜日

スモールサイズのロードフレーム430㎜

 
セミオーダーのロードバイクフレーム
ラグ付きの細身パイプで700cホイール仕様、
小さいサイズを430mmと450mmを追加しています。
 
以前完成車で納めさせていただいた時の430mmのフレーム写真です。
身長150cm前後の方でも乗れるサイズ設定です。
股下寸法で大体67cmぐらいでしょうか。
 
下はフレームのみの写真。
こちらはお店のご依頼でフレームのみで卸させていただきました。
フレームサイズはシートラグの頂上部分(尖った先端)で表しています。
股下寸法や腕の長さや柔軟性などによって
選べるサイズも変わってきますのでご興味ありましたらご相談ください。
 
フルオーダーでしたら更にスモールサイズや
小径ホイール等対応方法もいろいろご提案出来ます。
メーカー車で探してもご希望のサイズの無い方などもご相談ください。


2020年5月9日土曜日

スチールDISCロードフレーム・スルーアクスル カーボンフォークとスチールフォーク

DISCロードフレーム・スルーアクスル仕様のフレーム
2台を紹介いたします。
 
カーボンフォーク 1-1/2テーパードか1-1/4選べます。
ラグレス 44ヘッドかテーパードヘッド ベンドシートステー&チェーンステー
タイヤ700x35Cまでの太さが入り、
シクロ、グラベル寄りのロードフレームです。
(写真は試作中のもので実際とは若干仕様が異なります。
 
 
こちらはフォークも1インチのオールスチール ラグ付き
でもDISCでスルーアクスルです。
タイヤは700x32cまで取り付け可能。
ブレーキホースは内蔵式。(フロント・リヤ共)
32cタイヤのホイール入れてみるとこんな感じです。
こちらもシクロのタイヤでも太さによっては入ります。
 
組み立てして試乗してみました。
乗り手によって評価はかなり変わってくるかと思いますが・・・
(試乗した人は身長170センチ、体重63キロぐらいです。)
フレームも硬すぎずロングライドに向いています。
ブレーキ制動も充分でコントロールもし易いです。(前後140mmローター)
使い方や乗り手の体型等に合わせてフレームのスペックや
フォークの組み合わせを変えられますので
ご興味ありましたらお問い合わせください。
 



2020年5月5日火曜日

3年前(2017年)に納車しました市内在住のM様の自転車です。
 
◎追記5月7日・二重カッコ内
《写真のフレームサイズはセミオーダーの490mmベースに設計しています。
パイプはカイセイ019メインのTRオリジナルブレンド、
お客様の身長は165センチ、体重61キロぐらい、股下70センチぐらいです。
普段は休日に100キロぐらいの走行が多いようです。 
以前は大手M社のスチール(クロモリ・ラグ式)フレームに載っていましたが
今回オーダー頂いたフレームの方が軽くよく走るのに疲れない・・・
とのご感想をいただきました。》
※オーダーご検討中のお客様の参考になるかと思い追記いたしました。
 
 細身のクロモリパイプでラグ仕様のフレーム。
フレームサイズは490mmです、
上パイプ25.4mm、立・下パイプは28.6mm
細身のクロモリパイプです。
ロングライドでも疲れの少ないようにパイプを選択しました。
納車時の完成車の写真。
 
最初はスチールフォークでしたがカーボンフォークに交換。
ヘッドパーツもスレッドからアヘッドに・・・
よく見るとバーテープの色だけでなくパーツもいろいろ変わってきてます。
2020年の写真。
写真こちらのインスタグラムにも載せてあります。
https://instagram.com/tsuruoka_racing/

ヘッドパーツも!
 
 
パーツも気になりますが・・・
下地メッキが透けて見えている半透明な塗装がもっと気になってきたりします。
 かなり分かりにくいですがシートピラーもカーボンに・・
 色は好みで人それぞれですが、
塗装がシンプルなのが飽きがこないのかもしれません。
 次は何を変えるのか?楽しみですね。